農村にはとても立派な公共施設があまり利用されずにひっそりと佇んでいます。
これまで国は日本の農村にたくさんのハコものを作って地域活性化に努めてきました。けれどランディングコストを稼いでいる施設はどれほどあるでしょう。

ロスジェネ世代のワタシにとっては垂涎の代物。もったいない。
自然溢れるロケーション、webを活用してお客さんを呼び込みましょう。お客さんに来てもらって活性化させましょう。地域で稼いで施設の自立経営を目指しましょう。

けれど・・・時と場合によってはそれは困るというところもあります。
税金を使っても地元の意欲を無くしたら、もう間に合わないんです。
指定管理施設の活性化は単純な経済的な成功だけを目指してはいけません。
地域の同意の下、今後も税金を使って運営していくだけの必要な施設かどうかを地元の方々と一緒に考え、地域に根差した、地域のニーズに即した運営方針を作り上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です